【アワード部門】

ベストパートナー部門

受賞:株式会社大塚商会様

株式会社大塚商会様は、2016年度も圧倒的な総合力で持続的な高い実績をあげられました。 お客様評価の高いワンストップ保守サポート「たよれーる」の独自性と高い技術力・高い営業力の融合により、新規売上全体では2倍以上の成長となりました。
新たな柱「Cloud Edge」は業種SI・エリア・CADの3部門のご活躍で垂直成長し、「Deep Discovery」はLA部門の貢献で3倍の成長率となりました。今回で「14年連続」のベストパートナーの受賞となります。

株式会社大塚商会
取締役 兼 専務執行役員
片倉 一幸 様

ページの先頭へ
ユーザプロテクション対策部門

受賞:リコージャパン株式会社様

リコージャパン株式会社様は、自社サービスである「クラウドサービス for MVB」の拡販を全社的な戦略とし、昨年度の2倍の実績をあげられました。
さらに、昨年の7月にはゲートウェイ対策の「ネットワークセキュリティパック」をリリースされ、センターサービスを中心としたワンストップセキュリティの提供が実現可能となりました。
これらの理由により本年度のユーザプロテクション対策部門の受賞となります。

リコージャパン株式会社
執行役員
ICT事業本部 ICT技術本部
本部長
野澤 浩一 様
ページの先頭へ
クラウド/仮想化サーバ対策部門

受賞:富士通株式会社様

富士通株式会社様は、VDI、DaaS、NSXなど仮想化環境の実績を数多く持たれており、それらの環境を保護する共創ソリューションとして、「Deep Security」を2年連続でNo.1の販売実績をあげられました。
また、「Fujitsu Cloud Service K5」をはじめとするクラウドサービスでも「Deep Security」をご採用いただいており、企業システムをクラウド移行するお客様を強力に支援されています。

富士通株式会社
執行役員
ネットワークサービス事業本部
本部長
小田 成 様
ページの先頭へ
サイバー攻撃対策部門

受賞:日本電気株式会社様

日本電気株式会社様は、公共分野を中心にサイバー攻撃対策として「Deep Discovery」ファミリーの販売においてNo.1の実績をあげられました。
また、NECのSDN製品である「UNIVERGE PF」シリーズや「InfoCage 不正接続防止」といった自社製品との連携や、「ActSecure」セキュリティ監視サービスに加えてグループ会社のInfosec様によるDDI/DDEI監視サービスの提供開始など、NECグループ様ならではの付加価値の高いソリューションをご提供いただいております。

日本電気株式会社
スマートネットワーク事業部
事業部長
市竹 史教 様
ページの先頭へ
近畿エリア ベストパートナー部門

受賞:富士通株式会社様

富士通様及び富士通エフサス様、富士通マーケティング様を中心とした富士通グループ各社様におかれましては、近畿エリアで「Deep Discovery」、「Deep Security」ともに販売No.1の実績をあげられました。
また、関西地区の富士通様ならびに富士通グループ様による、弊社製品の新規販売のうち、半数近くを戦略製品で占めており、弊社の戦略推進に大きく貢献いただいています。
今回はグループを代表して富士通様を表彰させていただきます。

富士通株式会社
西日本営業本部
本部長代理
竹田 錠一 様
ページの先頭へ
東海・北陸エリア ベストパートナー部門

受賞:日本事務器株式会社様

日本事務器中部支社様は、トレンドマイクロのサービス提供者向けソリューションを活用した「あんしんプラス」を自社サービスとして積極的に展開いただき、2年連続で新規200%伸長を実現されました。
本サービスは、セキュリティ上の一番の課題である運用面にフォーカスしサービス提供され、エンドユーザから厚い信頼を得ています。 なお本サービスは再販可能な二次店モデルも用意されており、さらに実績拡大の見込みと伺っております。

日本事務器株式会社
執行役員
中部支社長
渡部 勲 様
ページの先頭へ
九州・沖縄エリア ベストパートナー部門

受賞:株式会社システム開発様

株式会社システム開発様は、地元宮崎に密着され、地方自治体様、医療機関様、民間企業様に対し、情報化の推進を手がけられています。
昨年度は、自治体強靭化対応でのサイバー攻撃対策として、「Deep Discovery Inspector」 を多くの自治体様にご導入いただき、他のエリアにおいても参考となる実績をあげていただきました。

株式会社システム開発
代表取締役社長
原野 茂盛 様

ページの先頭へ
東北エリア ベストパートナー部門

受賞:日本電気株式会社様

日本電気株式会社東北支社様は、標的型対策ソリューション「Deep Discovery Inspector」を中心に自治体様をはじめ、様々な業種のお客様に対して多くの製品をご拡販いただきました。
結果、東北エリア内での新規・更新ともに一番の実績を収められました。
なお、昨年度に「Deep Discovery Inspector」をご導入いただいたお客様対しては継続して弊社製品間連携ソリューション「Connected Threat Defense」の導入提案をいただいており、今後の実績の拡大が期待されます。

日本電気株式会社
執行役員
佐藤 浩司 様
ページの先頭へ

受賞されました企業の皆様、おめでとうございました。
本年度もパートナーの皆様との協業により、更なるビジネス成長を目指してまいりたいと思います。
今後ともトレンドマイクロ製品・サービスの拡販に一層のご協力を賜りますよう、重ねてお願い申しあげます。